今見ているページ > ガスタージェネリック通販情報のトップページ

ガスター錠のジェネリック薬

胃酸を抑える薬「ガスター錠」のジェネリック薬の情報を紹介しています。ジェネリック薬なので、薬局でガスター10を買うより格安というか激安です。

医薬品の個人輸入代行については、医薬品個人輸入代行ランキング(医薬品個人輸入代行.heslerag.com)を参考にしてみて下さい。

ガスタージェネリック「ファモチジン」

ファモジン(ガスターと同成分ファモチジン)20mgは、胃酸を抑える薬「ガスター錠」のジェネリック薬です。

ガスター錠は、有効成分のファモチジン(Famotidine)の働きにより、胃の粘膜のヒスタミン受容体(H2)を遮断することで胃酸の分泌を抑え、一般的にはH2拮抗薬、H2ブロッカーと呼ばれています。

日本でガスター錠といえば、第一三共ヘルスケアのガスター10(テン)が有名ですね。

ガスタージェネリックには、ファモシッド(Famocid)やファムタック(Famtac)などがあります。

ファモシッド(Famocid)やファムタック(Famtac)などのガスタージェネリックは、飲みすぎや食べ過ぎ、ストレスから来る胃酸過多の症状を抑え、胃酸の分泌を調整します。特に胃炎や胃潰瘍の治療に有効です。

また、胃酸の分泌を強力に抑制することで胃腸の治療を早め、痛みを和らげる効果も期待できるので、鎮痛剤などの他の薬による胃荒れを防ぐのにも良いとされています。

ファモチジンの効果や用法

ガスタージェネリック「ファモチジン」の効果としては、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、吻合部潰瘍、消化性潰瘍・急性ストレス潰瘍・出血性胃炎による上部消化管出血、逆流性食道炎、Zollinger-Ellison症候群などがあります。

用法としては、成人の場合、1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)に、1回1錠(20mg)を服用します。

なお、疾患や年齢、症状により適宜増減することができ、1日1回(就寝前)や、1回2錠(40mg)を服用することもできます。

ただし、飲み忘れた場合には、1回飛ばして次の服用時間まで飲まないようにしてください。飲み忘れたからといって、2回分を一度に飲んではいけません。

また、長期で服用する際には、定期的に血液や肝機能の検査が必要です。

ファモチジンの副作用や注意事項

ガスタージェネリック「ファモチジン」の副作用は少ないのですが、発疹・皮疹、じん麻疹、顔面浮腫、便秘、月経不順、女性化乳房などが報告されています。このような症状が出た場合には、薬の使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

また、注意事項としては、乳幼児や小児の手の届かないところで保管し、直射日光や高温、湿気を避けて保管して下さい。

あと、薬が残った場合、保管しないで廃棄するようにして下さい。